キレイな自分をつくる方法

ふくらはぎの筋肉を落としてキレイな脚のラインをつくる

ケフィアを取り入れた健康的な献立・食事で身体の内側からキレイになると同時に、理想的な身体のラインを実現できるのが、女性にとって一番だと思います。

お腹や二の腕、バストなど、気に入らない、コンプレックスを感じる箇所が人それぞれあるでしょう。

中でもなかなか難しいのが、しっかりと筋肉が付いてしまったふくらはぎです。

十代のうちに長い期間テニスや陸上等のスポーツに打ち込むと、上達するにつれてだんだん脚ががっしりとしてきて、見た目がごつくなってきます。

大人になって社会人となり、仕事やプライベートでいろいろな洋服を着るようになると、見えているふくらはぎに嫌気がさし、何とか細くできないかと対策を始めます。

  • オイルを使用したマッサージ
  • 脚やせ専門エステでトリートメントを受ける
  • 老廃物が除去できるというクリームを使用する

など、女性誌やネットで探した方法や製品を試して努力することがあると思います。

続けてみても思ったように効果が表れず、がっかりしてしまうことが多くありませんか?

一度付いてしまったふくらはぎの筋肉を落とすには、脚やせの専門家がつくり出した方法が適しています。

女性が普段の生活の中で無理なく実践することができ、自身の脚を細くすることに特化したこのプログラムは、科学的な根拠を元に構成されており、多くのモニターさんによってその効果が検証されています。

夏場に脚を見せるミニスカートやショートパンツを履いて外出できるようになることは、決して困難なことではありません。

ふくらはぎの筋肉を落とす脚やせプログラムとは

脚やせの効果を集中的に出すことに優れたこのプログラムで、堂々と脚を見せられる自分に生まれ変わって下さい。

posted by コマイ at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | キレイな自分をつくる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レシピ・食べ方

すっきりとおいしいケフィアヨーグルトドリンク

ケフィアはフルーツとの相性が抜群です。お好みのフルーツをカットして混ぜ合わせるだけでもおいしく食べることができます。

朝食におすすめなのが、時間のない朝にサッと準備できるケフィアヨーグルトドリンクです。

作り方はとっても簡単♪

  1. 適度な大きさにお好みのフルーツをカットします。
  2. 広めの器やお皿に並べてラップをかけ、冷凍庫にしまって凍らせます。
  3. ジューサーミキサーに、ケフィアとフリージングしたフルーツ、グラニュー糖を少し入れてかき混ぜます。コップに注いで出来上がりです。

フルーツをあまりカチンコチンに固めてしまうとミキサーが傷むことがありますので、シャリシャリになる程度に凍らせて下さい。

冷凍庫の設定を少し弱めにして前日にフルーツを入れておけば、朝食の準備が楽になりますね。

バナナやブルーベリー、いちごなど、好きな果物類でおいしいドリンクを作ってみて下さい。毎日の朝食にドリンクを加えると、便秘解消の効果も期待できますね。

posted by コマイ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ・食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケフィアで健康的なダイエット

ウォーキングで一日の歩く歩数を増やす

便秘が少しずつ解消されてケフィアの効果を実感していますが、まだ毎日のお通じが良いときと悪いときで波があります。

安定させる為に毎日の生活の中で歩く歩数を増やすようにしました。本格的にスポーツを始めるのは大変ですが、ウォーキングなら手軽に始めることができます。

今まで職場通いに自転車を使っていたのですが、最近は徒歩で出勤するようにしています。時間はだいたい35分くらいです。普段歩くときよりもちょっと大きめに腕を振り、歩幅を広げるように意識して歩きます。

残業が数日続くとちょっと早起きが辛いですが、適度な運動になって良い感じですね。

個人差はあると思いますが、私の場合1ヶ月くらい続けたところで便通が安定してきました。体重も急激に増えることがなくなり、ウォーキングを始める前に比べて-2kgで安定しています。

これからも健康な体づくりの為に歩いて出勤するのを続けていきたいと思います。

そして、今後はなるべく自炊の食事回数を増やし、ケフィア以外で摂取する栄養のバランスも改善していきたいです。

レシピ・食べ方

手作りケフィアの作り方

私が初めてネット通販で購入した手作りケフィアは、自宅で簡単に作れるセット(キット)でした。

手作りセットの内容は、以下のようになっていました。

種菌
粉末状になっている種菌で一つひとつ個装されている使い切りタイプです。分量を間違えずに手軽に使える点が便利です。
専用容器
牛乳を発酵させる容器です。出来上がったケフィアをすくい取る為のおたまも付属していました。
発酵を助けるシート
専用容器を包むシートです。冬の気温が低い時期でも、一定の温度を保って発酵を促してくれます。
トッピング用のメープルシロップ
食べるときの味付け用に低カロリーのメープルシロップが付いていました。初めての方がプレーンの状態のまま食べるのは抵抗あるかもしれませんので、丁度良いですね。

手作りケフィアの作り方は初めての私でも簡単にできたので嬉しかったです。

  1. 専用容器に牛乳を入れて、種菌(粉末)を加えます。
  2. 蓋をしてシートで容器を包み、安定した場所に置いておきます。
  3. 約24時間経過するとおいしいケフィアの出来上がりです。

初めて食べたとき、なめらかさがとても心地良く感じました。最初は付属のメープルシロップで味付けしていましたが、やっぱりフルーツの甘みのほうが私好みで合っています。

posted by コマイ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ・食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケフィアの特徴

ケフィアの意味とは

ケフィアはその昔、コーカサス地方の民族が山羊の皮袋に牛乳や羊の乳を入れて発酵させたのが始まりと伝えられています。減った分を補給してまた自然発酵させ、繰り返し飲んでいたとされています。

皮袋を吊るしておいたり、持ち運びで揺れたりしながら、日差しで適度に温度が上昇してしてケフィアグレインが生まれたという説があります。

カイフ(keyf〜アラビア語)・ケイフ(Keyif〜トルコ語)がケフィアの語源となっており、「ほろ酔い・健康・嗜好」という意味があります(語源の説は他にも存在するそうです)。

ケフィア(Kefir〜英語)の意味は「さわやかな・爽快な味わい」で、地域によってカフィール・ケフィールなど、別の呼び方をされます。

豊かな自然環境に恵まれたコーカサス地方では、元気な長寿の住民が多いのだそうです。長く健康体を維持できるのは素晴らしいことですね。

ちなみに、一時期ネットで話題になった「ヨーグルト。いいえ、ケフィアです」は、やずやのテレビCMのキャッチコピーです。ロシアの子供達がおいしそうに笑顔でケフィアを飲む姿が印象的でした。

posted by コマイ at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケフィアの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。